×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

色彩検定ONLINEは引越しました(3秒後に自動で移動します)

新サイトURL: http://shikisaikentei-online.com/dokugaku



お手数ですが上記URLにブックマークまたはリンクの変更をお願いします。もし 移動しない場合は URLをクリックしてください。

独学でも大丈夫?

[色彩検定は独学でも大丈夫?]|」「スクールや通信講座を受けるべき?」そんな質問をよく受けます。それらはつまり「スクールに通わなければ合格できないほど試験は難しいですか?」という意味だと思いますが、実際はどうなんでしょうか?

独学でも合格できますか?

管理人の私見として言わせてもらえば、色彩検定は独学だけで十分に合格できます
といっても「独学可能=検定の難易度が低い」という意味ではありません。人によって理解力も異なれば勉強に裂ける時間も違いますから一概に難易度が高い・低いということは言えません。 色彩検定オンラインが「独学で合格可能」と考えるのは以下の理由によります。

・市販の問題集・参考書が多く出版されている
・ネットなどで、出題傾向などの情報が手に入りやすい
・出題のほとんどが「暗記系」になるため、継続性がキーになる

スポンサーリンク

決して簡単ではないが独学で十分に合格可能!!


pict3

メジャーな検定であるために、市販の問題集も出揃っており、ネットなどで出題状況などの情報を把握しやすい点が、独学でも十分に合格可能な環境を作り出しているのです。

また、基本的に出題はほとんどが「暗記系」になります(1級2次は除く)。 これは、「どんな勉強をするか?」よりも「どれだけ勉強(=暗記)に時間を裂けるか?」が重要だという意味です。 特殊な勉強の必要が無いということは、継続して学習を行うことができれば独学で十分に合格できるわけです。

とはいえ、学習には幾つかのポイントが存在しますし、また、誰もがつまづくポイントというものも存在します。
色彩検定オンラインでは、管理人のあたう限りの能力を駆使して、独学受験を考えている全ての皆さんを(なるべく)サポートいたしますので、よろしくお願いいたします!


スクール・通信講座は受けるべき?

自分のライフスタイルと相談してみよう!

本サイトは独学受験者をサポートする目的で作成されていますし、また、上記のように「独学で十分合格できる」とも考えています。 ただし一方では、スクールや通信講座を利用している方もたくさんいます。  では、独学受験と、スクール・通信講座の違いとは何でしょうか?

比較図

上図を見てもお分かりのとおり、それぞれに一長一短があるのですが、スクール・通信講座の最大のアドバンテージは「安心と時間を買うことができる」点にあると思います。

安心を買う!

経験豊富な講師陣による授業を受けることは、自信や安心につながるでしょう。 また通時的な情報が蓄積されていますから、長いスパンでみた問題傾向の変遷などの情報も豊富です。 独学でも過去問題集などを購入することである程度の分析は可能ですが、過去問は単年度毎に編纂されているため大きな出費をともない増すし、また問題の分析などを自分で行う必要もあります。

時間を買う!

これは、ちょっと説明が必要かもしれません。 独学で最も問題になるのは、「勉強に割ける時間の捻出」です。試験までの数ヶ月間、あなたは日に1時間、或いは30分、色彩検定のために時間を作れるでしょうか? 多くの場合、そのこたえは各人の「意思の強さ」に比例します。世の中、我々が考えているよりも、突発的な仕事や用事の発生件数は多く、そして、「誘惑」の数は更に多いのです。

スクールや通信講座に数万円の授業料を支払うことは、いわばそのお金で自分自身を拘束してもらうことです。「高いお金を支払ったんだから元を取らないと....」という気持ちが、無理やりあなたに時間の確保を促すわけです(笑)。
だから、スクール・通信講座をやるのであれば、授業料は自腹で支払うべきです。世の中お金が全てではありませんが、お金で買えるものは買っておくべきです。


それでも迷うなら、情報を収集してみる!

独学か? スクールか? 迷ってこのページを開いた方というのは、おそらく、独学で学習をはじめても受験期間中ずっと、「スクールで学んでおけば良かったんじゃないか...」という不安につきまとわれるのではないかと思います。 
実際、私・管理人の受験時がそうでした(笑)。
これは性格的なものですから、簡単に修正が利くようなものではありません。 「不安に思うな!」ったってムリなんです。

そういう方は、とりあえずスクール・通信講座系から資料だけでも取り寄せてみてはいかがでしょうか?

新配色カード199a

"彼を知り、己を知れば、百戦危うからず"...ではありませんが、実際の資料にはWEBサイトからだけでは知り得ない情報などが掲載されています。
独学するにせよ、スクール&通信講座を利用するにせよ、そうした詳細情報をもとに判断を下すべきです。 「資料請求までして判断した」という事実があると、人間その後そのジャッジを後悔しなくなるものです。

しかも「講座の具体的な学習内容」や「総合的な金額」というのは、独学をする上での貴重な参考資料にもなります。 "スクールの流儀を真似る"...というのも、重要な独学処方だと思います。
たいていの場合、資料の請求は無料ですから、一つでも多くのスクールから情報を取り寄せて比較してみましょう。

カラー系のスクール・通信講座

資格・教育「ヒューマンアカデミー」

○種別:スクール/ご存知、全国展開するスクール大手。 大手ゆえの安心感が魅力。 2級、1級、1級2次直前対策講座あり。

button_siryo_001.jpg(8928 byte)

ヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」

○種別:通信講座/こちらは、ヒューマンアカデミーの「通信講座」。 DVD講義なので空いた時間に学習が可能! 2.3級に対応しています。

button_siryo_001.jpg(8928 byte)

LEC 東京リーガルマインド 新・資格通信講座「iCara」

○種別:通信講座/ただのテキストだけではなくプロ講師による「講義」形式が特徴。 難しい問題も動画でやさしく解説するので安心して学習できます。 価格が安いのも魅力ですね。 ※3級のみ対応。

button_siryo_001.jpg(8928 byte)

生涯学習のユーキャン

○種別:通信講座/テレビでもおなじみの通信講座のユーキャンです。
★注意:ユーキャンの講座は、色彩検定の講座ではなく(社)日本パーソナルカラリスト協会が主催する、パーソナルカラリスト検定2・3級への対応となります。関連情報として掲載いたします

button_siryo_001.jpg(8928 byte)

実際、管理人も受験時は、いくつかのスクールから資料を取り寄せてみました。 (主に金銭的な理由からではありますが)、そのおかげで「独学でいこう!」という決心がついた...ともいえます(苦笑)。

ちなみに、コスト面で不安な方のために、管理人の独学受験時の総費用をまとめてありますので、そちらも参考にしてみてください。



とはいえ、繰り返しになりますが色彩検定オンラインでは、管理人のあたう限りの能力を駆使して、独学受験を考えている全ての皆さんを(なるべく)サポートいたします! 独学で合格を掴み取りましょう!!

ページの先頭へ戻る


スポンサーリンク

色彩検定オンライン
Nアカデミー体験

色彩心理研究家・木下代理子先生のネット講座を受講してみました。管理人の受講体験レポートです。色彩の実践的・具体的な活用法に興味がある方におすすめ!!


おすすめ問題集

独学かスクールか迷っている人は、とりあえず資料請求してみましょう。資料の取り寄せだけなら無料です(笑)。 「管理人の独学受験時の費用」を参考にして比較してみてください。

ユーキャン

ヒューマンアカデミーの通信講座「たのまな」は2.3級用。 公式テキストやカラーカードなど一式揃うのが便利

 

LEC東京リーガルマインド の講座。 DVDおよびWEB受講なので、地方の方や忙しい方におすすめ。

※参考|管理人の独学受験費用


使える!色彩学

使える!色彩学

「世界で好まれるパッケージ色とは?」「押したくなるウェブサイトのボタンの色は?」などなど 実際の仕事に使える色彩知識を分かりやすく解説。


色の秘密―最新色彩学入門 (文春文庫PLUS)

色の秘密―最新色彩学入門 (文春文庫PLUS)

ピンクで若返り、白い部屋が美人を作る!? 肩肘をはらない柔らかな色彩知識が満載の1冊


イメージで選べる配色見本ハンドブック (MdN BOOKS)

イメージで選べる配色見本ハンドブック (MdN BOOKS)

配色で悩む方は1冊、配色本を持っていた方がいいですね。MDNのこちらの本はイメージで選べるのがGOOD!


色彩セラピー (ムックセレクト)

色彩セラピー (ムックセレクト)

"こころが喜ぶ色"ってどんな色? 自分の心理が色彩から見えてくる1冊。検定の勉強に疲れたら...